フリーランス

【断言】フリーヨガインストラクターをおすすめしない理由

【断言】フリーヨガインストラクターをおすすめしない理由

企業勤めのヨガインストラクターが
「フリーとして独立したいな。でも、本当に食べていけるのだろうか?実情を知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • フリーのヨガインストラクター独立をおすすめしない理由
  • フリーヨガインストラクターの月収目安は【5~10万円】
  • 独立を目指すフリーヨガインストラクターがやるべきこと【付加価値の話】

この記事を書いている筆者は、ヨガインストラクターを育成するスクールで働いています。

業界にもどっぷり4年目なので、フリーランスのヨガインストラクターも周りに多いです。

業界をみていて思うのですが、、、”良いレッスンをするヨガインストラクターほど、格安で消耗しているな”という印象です。

こういった事実をみると、インストラクターはもっと評価されるべきだろう、と思います。

では、ヨガインストラクターが評価されるにはどうしたらいいのか?

独立と密接に関わる部分なので、このあたりに関しても記事で解説していきます。

フリーのヨガインストラクター独立をおすすめしない理由

フリーのヨガインストラクター独立をおすすめしない理由

理由は、”単価アップが難しい”から。

フリーのヨガインストラクターの働く場合、ヨガスタジオやフィットネススタジオなどと「業務委託契約」を結んでレッスンを提供します。

しかし、ヨガインストラクターは単価アップが難しい、、、。

単価が低いと本数をこなさなければならないので、フリーランス人生が苦しいものになりやすいです。

 

ヨガインストラクターだと稼ぎづらい理由

レッスンの良し悪しは感覚的だからです。

悪いレッスンというのは分かりやすいですが、良いレッスンというのは客観的な判断が難しいです。

どんなに知識や技術が優れていても、お客さんの入らないレッスンを提供していたら、お店の納得感を出すのが難しいですよね。

 

フリーヨガインストラクターの月収目安は【10〜20万円】

フリーヨガインストラクターの月収目安は【10〜20万円】

周りを見る感じだと、、、ざっくり下記ですね。

60分のレッスンフィー:2,000円~5,000円 / 本

1日2レッスンを週5日つづけた場合、月の収入は10~20万。

すごいざっくりで申し訳ないですが、言いたいことは”レッスンを提供しているだけだと思ったほど稼げない”ということです。

40万とかをゴリっと稼いでいる人は少ないんじゃないかな、、、という印象。

その一方で、うまく付加価値を出している人はモリモリ稼いでいます。

 

独立を目指すフリーヨガインストラクターがやるべきこと【付加価値の話】

独立を目指すフリーヨガインストラクターがやるべきこと【付加価値の話】

フリーヨガインストラクターが売上アップするには、”付加価値”をつければOKです。

 

付加価値になるスキルの例

次のような感じです。

  • その①:ヨガインストラクター × Webライター
  • その②:ヨガインストラクター × パーソナルトレーナー
  • その③:ヨガインストラクター × ブランディング

順番に解説します。

 

その①:ヨガインストラクター×パーソナルトレーナー

一番、目指しやすいかもしれないパターンですね。

パーソナルトレーニングができると、”お客さんそれぞれのニーズや特徴に合わせたトレーニングをしてくれる”という付加価値が生まれます。

 

生まれる付加価値

お客さんそれぞれのニーズや特徴に合わせたトレーニングをしてくれる
より効果的なトレーニングが受けられるという付加価値です。

ヨガのパーソナルトレーニングは45分~60分で設定しているところが多く、1セッション5,000円~6,000円程度が相場のようです。

ヨガインストラクターとしてグループレッスンするよりも、自分への負荷が低いので、

1日3セッションを週5日つづけた場合、月の収入は30~36万

ヨガインストラクターをしているだけよりも、効率的に稼ぐことができますよね。

 

その②:ヨガインストラクター × Webライター

個人的に一番オススメがこちら。

Webライターの仕事は、Webサイト上の文章を書く人のこと。

そのまんまかもしれまないですけど、もう少し補足すると、検索エンジンやSNSを意識したライティング技術が求められます。

最近では記事の専門性がとても重要視されているので、ヨガ資格を持っているだけで記事の専門性がアップします。

 

生まれる付加価値

ヨガ資格を持っているだけで記事の専門性がアップする
検索上位に表示される記事になる確率が高くなる

隙間時間で、なおかつ資格を活かせるので、まずはここを目指すのが良いかなと思います。

Webライティングを学ぶと集客の知識も身に付きますし、他にもアフィリエイトなどで稼ぐこともできます。

なお、ブログの書き方はブログ記事を書くためのテンプレートおすすめ3選【苦手な人でも大丈夫】でまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

その③:ヨガインストラクター × ブランディング

一番付加価値は高まりますけど、難易度が高い方法です。

 

生まれる付加価値

ブランド価値が生まれる。
あなたに頼む理由が明確になるので、価格競争になりません。

ブランディングは簡単ではないですが、、、1つの方法は情報発信じゃないかなと思います。

ヨガインストラクターとして収入を稼ぐコツや情報発信の方法をブログやYouTubeなどで公開しつつ、あなたが知っているノウハウの価値を高めていく作業です。

最近ではLINEやInstagramを使った「集客コーチング」といった活動をしている人も多いので、人気のジャンルかもしれません。

記事を読んだ方が「あ、この人はSNSにめっちゃ詳しいんだ」という事が伝われば、この人から学びたいという風に仕事に繋がりやすいです。

基本的には価格競争にも飲み込まれないので、時間はかかるけどオススメの方法です。

まずはブログでの情報発信から始めましょう。

ブログ構築方法はWordPressで作るブログの始め方<初心者も安心>で解説しています。

 

まとめ:フリーのヨガインストラクター独立はハードモードです。

まとめ:フリーのヨガインストラクター独立はハードモードです。

記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • フリーのヨガインストラクターは売上アップが難しい。
  • ヨガインストラクターの月収目安は、10~20万円 / 月ほど。
  • 価値を高めるには、スキルの掛け合わせが大切。
  • パーソナルトレーナー、Webライティング、ブランディングを考えるべき。
  • スキルアップして、クライアントを選ぶ立場になるのが大切。

こんな感じです。

ヨガインストラクターだけでフリーランスになるのは結構大変だと思いまが、スキルを掛け合わせると生きやすさが上がるかなと思います。

なんとなくフリーランスのヨガインストラクターがイメージできましたか?

ここまで読んで、自分は出来ると思った人もそうじゃない人も、まずは動いてみることが大切です。

最初の一歩がないと何も生まれないので、ぜひ行動してみてください。

今回の記事が、皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

本日も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ucozi_ikeda/池田浩司

ucozi_ikeda/池田浩司

元コピーライター。現在はヨガインストラクターやベビーマッサージ講師、整体師などを育成する「YMCメディカルトレーナーズスクール」で集客業務に従事する現役サラリーマン。YouTubeチャンネルやオウンドメディアの立ち上げ・運営などを行っています。フリーランスになりたい人、なりたての人、なったけど不安な人。すべてのフリーランサーに「ウェブ集客」についてお伝えしていきます。instagram では趣味で収集している広告コピーを不定期に発信してます。

お仕事----------
ymcschool
yoganess
YMCヨガチャンネル
------------------

-フリーランス
-, ,

© 2021 ucozi.work Powered by AFFINGER5