ブログの悩み

ブログを続けるメリット・デメリット【稼げるだけじゃない!】

2020年7月26日

ブログを続けるメリット・デメリット【稼げるだけじゃない!】
ブログで稼げるようになるまで、かなりの時間がかかるって聞いたので、正直なかなか一歩を踏み出せません。

本日は、こんなお悩みにお答えします。

 

  • ブログを始めようと思ってるんだけど、なんだか大変そう。

と躊躇している人も多いのではないでしょうか?

確かにブログは他の副業などと比べて収益化まで長い時間がかかる傾向があります。

でも、ブログを続けるといいことたくさんあります

ということで、今回は「稼げる」以外のブログのメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。

これからブログを始めようと思っている人、ブログを始めたけど最近更新できてない人には、ぜひ読んでもらいたい内容です。

記事の内容

  • ブログのメリット
    ・文章力を鍛えられる
    ・論理的思考力が鍛えられる
    ・情報収集能力が高まる
    ・マーケティング力を高められる
    ・自分の想いを伝えられる
  • ブログのデメリット
    ・ブログ作成に時間を奪われる
    ・アクセスが伸びないと自信を無くす

この記事の信頼性

この記事を書いている筆者は元コピーライターでライティング歴は15年ほど。

大手ブログサイト運営担当者やSEO業者など、仕事を通じて得た有益な情報を元に作成しています。

ブログのメリット

まずはブログを続けることのメリットについて解説します。

本ブログも半年が経過しましたが、その中で感じたメリットは大きく5つです。

  • 文章力を鍛えられる
  • 論理的思考力が鍛えられる
  • 情報収集能力が高まる
  • マーケティング力を高められる
  • 自分の想いを伝えられる

 

文章力を鍛えられる

ブログを続けることで、間違いなく文章力は向上します。

ブログを書くスピードがアップすることはもちろんですが、

  • 相手に自分の意思をはっきりと伝えられるようになる
  • 結果、仕事が早くなる

といったメリットがあります。

 

仕事をしていると、メール、企画書、稟議書など、文章を書かなければならない機会は数多くあります。

たいていの場合、一生懸命書いてるのに、相手は大して読んでくれない。

質問メールが返ってきたけど「それ書いてあるじゃん」みたいなこと、しょっちゅうです。

自分だけでなく、相手にとっても無駄な時間と労力ですよね。

でも、ブログを通じて文章力を磨いたことで、余計なやり取りが格段に減りました

 

論理的思考力が鍛えられる

文章力のメリットともかぶりますが、文章力を磨くことは論理的な思考力を鍛えことにもつながります。

論理的思考力が上がると、今度は文章を書くスピードも上がります

 

また、部下のよく分からない報告についてもアドバイスできるようになります

お互い限られた時間の中で仕事をするなら、まずは報告を分かりやすくしてもらうとかなりの時短になります。

ダメなパターンは、部下のメールがダメ過ぎて「ちょっと何言ってるか分からない、後で確認しよう」といって忘れて放置、なんてことになると「レスの遅い上司」となり、確認が「いい訳」に聞こえてあまりいいことはありません。

 

メールや企画書などは、「PREP法」を意識するだけで、スピードも分かりやすさも格段にアップしますので、文章力をもっと磨きたいと思っている方は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事PREP法の書き方と例文|説得力が上がる文章術

関連記事ブログ記事を書くためのテンプレートおすすめ3選【苦手な人でも大丈夫】

 

情報収集能力が高まる

ブログを続けていると、間違いなく情報収集の力は高まります。

記事の内容によっては、自分があまり詳しくないテーマの内容を書くこともありますので、強制的に情報収集を行うことでどんどん知識は深まります。

しかもインプットと同時にアウトプットを行いますので、知識の定着もしやすくなります

 

普段から情報収集を行っているので、新たなアイディアを発見する機会も増え、本業の仕事もでおも多くの効果を得ることができます

あと、知的好奇心がどんどん刺激されるので、書籍を読む機会やセミナーなどに参加する機会もどんどん増え、行動範囲が格段に広がったと思います。

 

マーケティング力を高められる

ブログを読んでもらうためには、ただ記事を書けばいいという訳ではありません。

キーワードを決めたり、内部リンクを設計したり、さまざまなSEO対策が欠かせません。

それから、「検索した人の意図をくみ取った記事を書く」ことも重要になってきます。

他にもHTMLやCSS、WordPressなど、ブログを運営する上で付随する知識も自然と身についていきます。

 

ブログを続けていくと、こうして仕入れた知識を実践、継続することができるので、この経験値はかなり大きいと思います。

ブログをやってなかったら、本で読んだ内容を話すだけの評論家になりがちですが、それを試す実践の場があるというのは、マーケティング力をつける上ではかなり有利です。

 

自分の思いや考えを伝えられる

自分の知識や経験を、経験したことない人に伝えるのってなかなか大変です。

よくあるのが、「ホームページってどうやって始めたらいいんですか?」みたいな質問です。

そんなときは、「ひとまずブログ読んで」って伝えることができるのは、かなり便利です。

 

あと、最近気が付きましたが、ブログは社員研修にも使えます

スタッフに伝えたいことをテーマにブログを書けば、ネタにも困らず、自分の思いも伝えることができて一石二鳥です。

 

ブログのデメリット

ブログを続けることに関するデメリットは、基本あんまりないと思っていますが、改めて考えてみると2つが考えられます。

  • ブログ作成に時間を奪われる
  • アクセスが伸びないと自信を無くす

 

ブログ作成に時間を奪われる

ブログを続けると、自由な時間は間違いなくなくなります。

とはいえ、ブログを書く時間を捻出するには

  • 無駄な時間を見直す
  • 何かを諦めて、ブログの時間とする

の2つが考えられます。

 

私の場合は「無駄な時間を見直す」で何とかやってます。

通勤時間をブログタイムにしてみたら結構はかどることに気が付きました

私の場合、ここでブログネタや記事構成を考えるようにしています。。

 

「飲み会に行く暇があるならブログ書け!」って言うブロガーさんもいますが、私はそこまでストイックにはしてません。

飲み会も好きですし、そこまでストイックい徹すると見返りを求めて挫折してしまいそうなので、そこまで自分を追い込まないようにしています。

とはいえ、最近は飲み会自粛ですので、ブログ書いてますかね。

 

アクセスが伸びないと自信を無くす

月数百万円稼ぎます、みたいなブロガーさんいますけど、それに比べると自分ダメダメです。

  • ブログは時間がかかるもんだ
  • 100記事書いてからがスタートだ

っていう話はたくさん見てきましたが、「自分は大丈夫」となぜか謎の自信がありました。

でも、ぜんぜんダメです。

 

そんなときは「次のステージに上がったんだな」と思うようにしてます

この劣等感はチャレンジしなければ生まれてこなかった訳なので、前向きに考えるようにしています。

 

友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ

は明治の歌人、石川啄木の『一握の砂』に出てくる歌。

何をしてもどうしようもない時は、何もしないという時も必要だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

誰でもブログを始めようと思うきっかけの一つに「副収入を得たい」という気持ちはあると思います。

でも、ブログから売り上げが発生するまでには長い時間がかかります。

この時間に耐えられず、多くの人は途中で挫折してしまうのがブログの悪い部分の特徴です。

 

そんなときは、「なぜブログを始めたいのか?」「なぜ収入を増やしたいのか?」といった、もう一歩深い部分に思いを巡らせてはどうでしょう。

そのうえで、「ブログをまずはやる!」っという意思があるのなら、気持ちの準備は十分です。

さっそくブログの開設から始めていきましょう。

 

ブログの始め方について知りたい方は、以下の記事もどうぞ

関連記事WordPressで作るブログの始め方<初心者も安心>

 

本日はこのあたりで。

今回の記事が、皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

本日も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ucozi_ikeda/池田浩司

ucozi_ikeda/池田浩司

元コピーライター。現在はヨガインストラクターやベビーマッサージ講師、整体師などを育成する「YMCメディカルトレーナーズスクール」で集客業務に従事する現役サラリーマン。YouTubeチャンネルやオウンドメディアの立ち上げ・運営などを行っています。フリーランスになりたい人、なりたての人、なったけど不安な人。すべてのフリーランサーに「ウェブ集客」についてお伝えしていきます。instagram では趣味で収集している広告コピーを不定期に発信してます。

お仕事----------
ymcschool
yoganess
YMCヨガチャンネル
------------------

-ブログの悩み
-, ,

© 2021 ucozi.work Powered by AFFINGER5