ブログの悩み

【必見】キンコン西野に学ぶ信用の稼ぎ方|ブログにも当てはまる

2020年1月1日

お金を稼ぐ方法を知りたい!

本日はこんな悩みについて解説します。

  • 「ラクして100万円稼げます」
  • 「隙間時間で50万円」

インスタグラムを見ていると、最近、このようなフレーズをよく目にするようになりました。

投稿写真は決まって現金の札束だったり、高級焼肉や高級腕時計だったりします。

 

稼ぎ方のノウハウ教えます、とDMでお誘いをいただくこともあります。

でも、そんな話に乗っかる人はあまりいないですよね。

これはなぜかと言えば、その人に「信用」を置いてないからです。

では「信用」とは何か?

本日はそんな「信用」について考えていきたいと思います。

お金の本質は「信用」

最近、「信用」という言葉をよく耳にするようになりました。

堀江貴文さんやキングコング西野亮廣さんらが

「お金とは信用である」

といった趣旨の発信を、頻繁に行っています。

 

キングコング西野さんは「信用」について、次のように説明

「お金をコントロールたい」と誰もが思っている中、誰もがクラウドファンディングでお金を集められるわけではありませんよね。クラウドファンディングでお金を集めるならまず、「お金とは何か」がわかる必要があります。

結論からいうと、お金は「信用を数値化したもの」です。

引用:https://hares.jp/2017/07/26/kingkong-nishino/

 

「クラウドファンディング」とは、「群衆(Crowd)」と「資金調達(Funding)」という言葉を組み合わせた造語です。

インターネットを通じて不特定多数の人に資金提供を呼びかけ、賛同した人から資金を集める方法です。

キングコング西野さんはこれまでにクラウドファンディングで2.6億円も集めてきたと公言されています。

 

しかしながら、クラウドファンディングは誰でも資金が集められるものではありません

正確な数値は公表されてませんが、いろいろ調べてみるとクラウドファンディングの成功率はおおむね3割程度のようです。

反対に考えると、7割は資金調達に失敗するということです。

失敗の方が圧倒的に多いですね。

 

2017年に女優の真木よう子さんがフォトマガジンの発行のためにクラウドファンディングで資金調達を試みました。

写真集を製作し、コミックマーケットで販売しようと試みましたが、批判が殺到し断念する形となりました。

芸能人であろうと、クラウドファンディングで資金を調達することは、簡単ではないようです。

 

信用とは過去

しん‐よう【信用】の解説
・確かなものと信じて受け入れること。「相手の言葉を信用する」
・それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与える、そのような評価。「信用を得る」「信用を失う」「信用の置けない人物」「店の信用に傷がつく」
・現在の給付に対して、後日にその反対給付を行うことを認めること。当事者間に設定される債権・債務の関係。「信用貸付」

引用:goo辞書

 

上記は辞書に書かれた信用についての解説です。

つまり信用とは、これまでの過去の行為だとか、業績だとかその人の過去の実力を認めて信じることを意味します。

 

「信用取引」という言葉があります

「信用取引」は、株式の運用に関する金融用語です。

 

株式を運用しようとする場合、証券会社にお金を払い、株式を購入します。

この時、入金した金額の範囲内で株式の売買をすることを「現物取引」と言います。

 

それに対して、証券会社に入れたお金と証券会社から借りたお金でもって株式を購入することを「信用取引」と言います。

証券会社が顧客にお金を貸すという部分に「信用」が存在しています

この場合の「信用」は過去の成果や実績をもとに行うものであるため、無条件ではありません。

「信用取引」では、お金を借りることに関して、委託保証金という担保金を証券会社に支払います。

 

つまり、担保としてのお金を払っているということが顧客としての「信用」になっているのです。

では、ブログを書くことでの担保金にあたるものは何でしょうか?

 

堀江貴文さんは「信用」について、次のように説明

大切なのは、「与える気持ち」だ。今の時代、優れた情報は無料で手に入る。ビジネスアイデアはいたるところに落ちているし、ロールモデルになる人も大勢いる。これほど恵まれた環境が整っている社会で、「あなたは信用できる」という評価を得るためには、生半可な才能や知識は役立たない。

信用を得るためには、相手と「ギブ&テイク」という関係性を築くだけでは足りない。「ギブ&ギブ」、おまけに「ギブ!」くらいの気構えが必要だ。相手に惜しみなく与える。見返りなど期待せず、相手の想像をはるかに超える何かを与えることこそが、信用を得る近道だ。

人生においても、何ら変わりはない。私が頻繁に会いたい、助けたいと思う人はみんな気前がいい。会うたびに、何かポジティブなものを与えてくれる。ビジネスに使える貴重な情報や抜群に話が面白いなど。一緒にいると気持ちいいとか、人格的なものでも価値になる。

そういう人たちに囲まれていると、私も何か与えなければという気持ちになる。与えて、与えられて、価値の相乗効果ができていく。理想的な人間関係だ。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/13436941/

 

信用を得るためには

  • 「ギブ&ギブ&ギブ」が大事

と述べています。

 

これは「返報性の法則」とまったく同じです。

 

返報性の原理

返報性の法則とは、人から何かしらの施しを受けたとき、「お返しをしなくては」というような気持ちになるという心理作用のこと。

人間が本来持っている義理や人情のようなものであり、返報性こそ人間を人間たらしめるもの、と言われたりもします。

施しについては、相手や相手との関係性によって感じ方はそれぞれですが、ただ単に「うれしい」「ありがたい」と感じる場合もあれば、一方的に施しを受けたままではマナーに反していると考えたり、何かで返さなければと思う場合もあるでしょう。

 

情報発信者になるために必要なレベルとかはありません

先日、フリーのヨガインストラクターを目指したい人がいたので、「ブログを立ち上げて何でもいいから発信してみたら?」とアドバイスしました。

すると「まだまだ自分はそんなレベルではないので…」という返答。

これって、とってももったいないですよね。

 

なぜかと言えば、今のあなたにしか伝えることができないことに気が付けていないからです。

例えば、今あなたが目指している分野を10段階に区切ったとき、今のあなたはレベル2にいるとします。

 

レベル10の人からすれば、レベル2の情報はほとんど役に立ちません。

知っている知識ばかりで退屈です。

 

しかし、これから始めようとしている人にとって、レベル2の情報はどう写るでしょうか?

あなたの体験や意見は、レベル1の人にとっては、貴重な情報になるはずです。

レベル1の人にとって、レベル2のあなたの体験は一番身近で、とても参考になる情報です。

 

誰もがレベル1の時代があったはずですが、レベル10になるとなかなかレベル1の時の気持ちを、思い出すことは難しいです。

レベル2の人だからこそ書ける記事というのは、レベル1の人の気持ちに一番寄り添える記事になる可能性が誰よりも高いと思います。

 

まとめ

本日のまとめです。

フリーランスで活動するなら、ブログは始めた方がいいと思います。

もちろんブログ運営で目指すは「マネタイズ」することです。

マネタイズとはネット上の無料サービスから収益をあげる方法のことです。

 

インターネット上にはたくさんの無料サービスがありますが、ブログを用いての情報提供もそのひとつです。

無料サービスの提供者は、さまざまな方法で収益を上げる工夫=マネタイズ手法を行っています。

 

しかしながら、最初からお金を稼ぐことばかり考えても、絶対にうまくいきません。

お金は「信用を数値化したもの」であるならば、まず稼ぐべきは「信用」です。

 

そして、信用は「ギブ&ギブ&ギブ」によって生まれます。

あなたの経験値を情報という形で提供することで、信用力は少しずつでも確実に築きあがっていくと思います。

 

ブログについて興味のある方は、以下の記事もおすすめです。

関連記事ブログを続けるメリット・デメリット【稼げるだけじゃない!】

関連記事副収入を目指すならブログがおすすめ【手順やコツを解説】

 

本日はこのあたりで。

今回の記事が、皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

本日も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ucozi_ikeda/池田浩司

ucozi_ikeda/池田浩司

元コピーライター。現在はヨガインストラクターやベビーマッサージ講師、整体師などを育成する「YMCメディカルトレーナーズスクール」で集客業務に従事する現役サラリーマン。YouTubeチャンネルやオウンドメディアの立ち上げ・運営などを行っています。フリーランスになりたい人、なりたての人、なったけど不安な人。すべてのフリーランサーに「ウェブ集客」についてお伝えしていきます。instagram では趣味で収集している広告コピーを不定期に発信してます。

お仕事----------
ymcschool
yoganess
YMCヨガチャンネル
------------------

-ブログの悩み
-,

© 2021 ucozi.work Powered by AFFINGER5