Instagram

インスタで迷惑アカウントからメンションされたときの対処法

先日、迷惑アカウントから勝手にタグ付けされる!という記事を書きましたが、今度はコメント欄を使ってタグ付け(=メンション)されました。

そこでこの記事では、そんな迷惑行為への対処法を解説します。

「○○がコメントであなたについて書きました」と通知が届く方は、ぜひ参考にしてください。

本記事の内容

  • タグ付け?メンション?基本をおさらい
  • 悲報、投稿済みのコメントからはタグ付け削除できない
  • コメント欄でスパムタグ付けされないための対処法
  • スパムを侮ってはいけない!
  • おすすめウイルス対策ソフト4選

この記事の信頼性

この記事を書いている筆者のライティング歴は15年ほど。
大手ブログサイト運営担当者やSEO業者など、仕事を通じて得た情報を元に作成。

タグ付け?メンション?基本をおさらい

タグ付け?メンション?基本をおさらい

まずはインスタグラムにおける「タグ」についておさらいです。

 

インスタのタグの種類は2つ

インスタグラムにおいて、「タグ」と呼ばれるものには、主に2種類あります。

  • タグ
  • ハッシュタグ

「タグ付け」された、という場合に使われるタグは「ユーザー名」を紐づけられた際に用いられます。

ユーザー名とは「@~~~」となり、(@)から始まるものを指します。

私のアカウントで言えば、「@ucozi_ikeda」がユーザー名です。

 

タグ付けされた場所によって呼び名が変わる

インスタでは、ストーリーやコメント欄で紐づけられさ場合は、「メンション」された、と表現されます。

ちょっとややこしいですが、まとめるとこんな感じです。

  • 投稿の場合 ⇒ タグ付けされた
  • ストーリーの場合 ⇒ タグ付けされた=メンションされた
  • コメント欄の場合 ⇒ タグ付けされた=メンションされた

 

今回は迷惑アカウントから「コメント欄」にタグ付けされた場合の対処法をお伝えしてますが、投稿でタグ付けされた場合の対処法については、以下の記事で解説しています。

関連記事
インスタで勝手にタグ付けされた!目的は?迷惑スパムの削除方法
インスタで勝手にタグ付けされた!目的は?迷惑アカウントからのスパム対策

続きを見る

 

ハッシュタグとは?

タグと混同されがちな「ハッシュタグ」ですが、ハッシュタグは「#~~~」のように(#)から始まるタグのことを指します。

同じハッシュタグのついた投稿を絞り込むことができるので、タグ検索などで利用され、同じ趣味を持つ投稿やアカウントを発見するときなどに使います。

ポイント

「タグ付け」された=「ユーザー名」を紐づけられた、ということ
使われる場所によっては「メンションされた」と表現される

 

悲報、投稿済みのコメントからはタグ付け削除できない

悲報、投稿済みのコメントからはタグ付け削除できない

さて、今回のテーマである、コメント欄にタグ付け(=メンション)された場合の対処方ですが、残念ながらコメント欄からタグ付けを解除することはできません。

自分の投稿のコメント欄にタグ付けされた場合は、コメントそのものを削除できます。

しかし、スパムアカウント(相手側)のコメント欄でタグ付けされてしまっては、こちらから削除できないのです。

他人が自分のコメントを変更できたら困りますから、よく考えればそうなりますね。

 

では、何もできないの?

 

といえばそうでもありません。

スパム報告があります。

スパム報告

スパムアカウントは今、この時も手当たり次第に誰かに迷惑行為を仕掛けています。

被害が拡大しないよう、迷惑行為をしてくるアカウントは容赦なく通報していきましょう。

 

スパム報告したからといって、すぐにアカウントが消えるわけではありませんが、Instagram側が報告を確認をして、不適切だと認められると間違いなく削除されます。

多くの人が迷惑行為を報告をすれば、削除のスピードは早まります!

ポイント

スパム行為は報告(通報)しておこう

 

コメント欄でスパムタグ付けされないための対処法

コメント欄でスパムタグ付けされないための対処法

コメント欄にタグ付け(=メンション)されたものについてはタグ付け解除できませんでしが、「そもそも勝手にタグ付けされないようにする」ということはできます。

インスタでは、デフォルトでは誰からでもタグ付けできるように設定されてますが、タグ付け(=メンション)できる人を

  • 全員
  • フォローしてる人
  • 誰にも許可しない

の3段階に設定し直すことができます。

頻繁にスパム被害に遭うようなら、「フォローしてる人」に設定しておくことをおすすめします。

設定方法は以下の手順で行えます。

 

ホーム画面から設定ボタンをタップ

ホーム画面から設定ボタンをタップ

ホーム画面から設定ボタンをタップします。

 

設定をタップ

設定をタップ

設定をタップします。

 

プライバシー設定をタップ

プライバシー設定をタップ

プライバシー設定をタップします。

 

メンションをタップ

メンションをタップ

メンションをタップする。

 

希望する設定をタップ

希望する設定をタップ

「メンションを許可する人」から、希望の設定をアクティブにします。

 

以上で設定は完了です。

ちなみに、メンションだけでなく、投稿に対するタグ付けについても同様の設定ができます。

 

タグをタップ

タグをタップ

プライバシーまでの手順は同じ、「タグ」をタップします。

 

希望する設定をタップ

希望する設定をタップ

「タグ付けを許可する人」から、希望の設定をアクティブにします。

以上で投稿に対するタグ付け設定も完了です。

 

でも、スパムアカウントは、なぜこんな迷惑行為をするのでしょうか?

それについての考察を、次のパートで解説します。

 

スパムを侮ってはいけない!

スパムを侮ってはいけない!

今回紹介したようなスパム行為については、原則、無視をしていれば問題ありません。

しかし、プロフィール欄に貼ってあるURLをタップしたら、かなり危険!

 

今回のスパムアカウントのプロフィールには、スケベな誘い文句が一緒に書いてありました。

このURLをタップする、とウイルスに感染し、スマホが乗っ取られてしまう確率大です。

 

ウイルス感染によって起こる被害は、主に4つが考えられます。

  • 電話帳データが流出
  • 位置情報から自宅を特定
  • カメラ機能を使って盗撮
  • ランサムウェアで金銭を要求される

次のパートで詳しく解説します。

 

被害①:電話帳データが流出

ウイルスに感染したことによって起こる被害ですが、一つ目にご紹介するのは「電話帳データ」の流出です。

流出した個人情報は、

  • リスト管理を専門に扱う業者に売却
  • 迷惑メールを送っている会社に売却

といったケースが多いです。

 

どれも個人情報保護法に違反する行為ですので、注意しましょう。

 

被害②:位置情報から自宅を特定

ウイルスに感染したことによって起こる被害の二つ目は、位置情報から自宅や職場などを特定されてしまうことです。

スマホには、位置情報を取得する機能があります。

通勤経路の交通情報を取得したり、周辺のレストランの検索したりできるのは、この位置情報を利用しているからです。

しかし、ウイルスによってスマホが乗っ取られてしまうと自分のいる場所を特定されてしまう可能性があります。

 

被害③:カメラ機能を使って盗撮

ウイルスに感染したことによって起こる被害の三つ目は、カメラ機能を使った盗撮です。

スマホアプリには遠隔防止や盗難防止用のアプリが存在します。

スマホが乗っ取られてしまうと、これらのアプリが勝手にインストールされ、スマホのカメラやマイクが遠隔操作されてしまう可能性があります。

離れた場所から遠隔操作によってスマホにアクセスされてしまうので、に気が付かないうちに写真や動画、音声などを盗撮・盗聴されてしまうことに。

 

アプリがインストールされたら、アイコン表示されるから分かるのでは?

 

と思ったあなた、甘いです。

普通のアプリだったら、アイコンが表示されるので気が付くことができますが、「不可視化」機能と呼ばれ、アイコンを表示しないようにできるものもあります。

これではこっそりインストールされても気がつくことはできないでしょう。

 

被害④:ランサムウェアで金銭を要求される

ウイルスに感染したことによって起こる被害の最後は、ランサムウェアによって金銭を要求される可能性があります。

ランサムウェアとは、マルウェアの一種。マルウェアとは、悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。

ランサムウェアに感染すると、スマホにロックがかかって使えなくなります。

 

スマホが使えないと困りますよね?

 

このロックを解除するため、マルウェアを仕込んだ加害者は身代金(=ransom、ランサム)を支払うよう要求してくるといった被害が発生しています。

 

おすすめウイルス対策ソフト4選

おすすめウイルス対策ソフト4選

ここまで読んで、自分のスマホを守り切れる自信がない、という方はスマホ用のウイルス対策ソフト導入をおすすめします。

スマホには無料のウイルス対策ソフトもありますが、中にはマルウェアまがいのアプリも存在します。

 

あ、ウイルス対策って、iPhoneには関係ないんだよね?

 

と思ったiPhoneユーザーのあなた、残念ですが甘いです!

iPhone用のウイルスは存在しないという噂がありますが、それは完全な誤りです。

iPhoneを狙う「XcodeGhost」といったウイルス例もあります。

「XcodeGhost」で検索すると、たくさんヒットするのでiPhoneユーザーの方は試してみてください。

 

必要なのは分かったけど、どう選べばいいの?

 

という方のために、おすすめのウイルス対策ソフトを4つ紹介します。

どれもウイルス対策ソフトを販売している会社としては大手になりますので、基本、上記のどれを選んでも大丈夫です。

 

でも、1つに絞るとしたら、私的には「ウイルスバスターモバイル」がおすすめです。

理由は、トレンドマイクロのウイルスバスターは、日本で1番売れているセキュリティソフト(2017年BCNランキング)だからです。

このアプリを使えば、ひとまずセキュリティ上の対策はばっちりです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はインスタのコメント欄を使ったスパム行為について紹介してきました。

 

スパムアカウントの目的は、おそらくウイルスを仕込んでスマホを乗っ取り、様々な攻撃を仕掛けてくることだと思われます。

スパム行為の基本は「無視する」ですが、心配な方はinstagramの「タグ設定」「メンション設定」を強化することをおすすめします。

それでも心配だ、という方は、スマホ用のウイルス対策ソフト導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

本日はこのあたりで。

今回の記事が、皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

本日も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ucozi_ikeda/池田浩司

ucozi_ikeda/池田浩司

元コピーライター。現在はヨガインストラクターやベビーマッサージ講師、整体師などを育成する「YMCメディカルトレーナーズスクール」で集客業務に従事する現役サラリーマン。YouTubeチャンネルやオウンドメディアの立ち上げ・運営などを行っています。フリーランスになりたい人、なりたての人、なったけど不安な人。すべてのフリーランサーに「ウェブ集客」についてお伝えしていきます。instagram では趣味で収集している広告コピーを不定期に発信してます。

お仕事----------
ymcschool
yoganess
YMCヨガチャンネル
------------------

-Instagram
-, , ,

© 2021 ucozi.work Powered by AFFINGER5