ブログの悩み

お名前.comを使ったドメイン取得方法【初心者向けに解説】

2020年2月9日

お名前.comを使ったドメイン取得方法【初心者向けに解説】

ブログを始めたい!という人のために、お名前.com を使った独自ドメインの取得方法を紹介していきます。

WordPressでブログを作る時には独自ドメインを用意する必要があります。

取得したいドメイン名を決めたら、さっそく取得していきましょう。

「ドメインって何?」という方や、「ドメイン名がまだ決まっていない!」という方はこちらの記事を先にお読みください。

ドメインの検索

ドメインの検索

まずは、お名前.com にアクセスします。

検索窓の「取得希望の文字列を入力」の欄に、あらかじめ決めておいた希望のドメインを入力し、「検索」をクリックします。

ドメインの検索

取得可能なドメイン一覧が表示されますので、取得したいトップレベルドメイン(ドメイン末尾)にチェックを入れます。

サンプルでは「.work」を選びました。

理由は単純に「1円」と安いからです。

右上の「料金確認へ進む」をクリックします。

「×」や「メールのマーク」が付いているドメインは、すでに使用されているので取得できません。

別のドメインを考え直しましょう。

 

お支払い方法の選択

登録年数

登録年数

登録年数を選びます。

ここでは何年分をまとめて支払うかを聞かれています。

最大で10年まで選べます。

「.work」の場合、10年で8,911円でした。

1円×10年ではないので注意してください。

取得費用と更新費用は異なります。

「.work」の場合、取得費用は「1円」、更新費は「990円」です。

1円+990円×9年=8,911円

となります。

まとめて支払いをしても割引とかはありませんので、「1年登録」でいいと思います。

 

Whois情報公開代行

Whois情報公開代行

登録年数の下に「Whois情報公開代行」と記載があります。

「Whois情報公開とは何か」については、以下の通り。

Whoisとは、ドメインの保持者の氏名、住所、電話番号などの登録者情報を誰でも閲覧できる情報提供サービスです。登録者情報はICANN(※)より一般公開することが義務づけられています。
Whois情報公開代行サービスをご利用いただくことで、ドメイン保持者の登録情報から「お名前.com」の情報に代えたうえで一般公開することができます。これによりドメイン保持者のプライバシーが保護されます。

※ICANN:ドメイン名などインターネットの各種資源を全世界的に調整することを目的とした民間の非営利団体。

引用:お名前.com より

 

代行してもらわないと、ネット上にドメインの所有者として自分の個人情報が公開されます。

公開代行をすれば、自分の情報の代わりにお名前.comの会社情報が公開されます。

自分の個人情報が公開されていると、いろいろな営業電話とか来るので、公開代行してもらった方が都合がいいです。

ちなみに、選ぶトップレベルドメイン(ドメイン末尾)によっては代行不可のものもあります。

「.work」は代行可です。

代行可ものは自動で「Whois情報公開代行」として登録されます。

「Whois情報公開代行」は無料のサービスなので安心してください。

 

オプション

オプションをチェックする箇所がありますが、基本なにもなしでオーケーです。

ちなみに、各項目の詳細は下記のとおりです。

 

whois情報公開代行メール転送オプション

whois情報公開代行メール転送オプション

Whois情報公開代行を利用していて外部からドメイン宛にメール連絡があった場合に、自分の登録メールアドレスに転送してくれるサービスです。

300円/年と有料です。

サイトを見て連絡したい人がいれば、サイトのお問い合わせページなどから連絡がきますので不要です。

 

ドメインプロテクション

ドメインプロテクション

お名前.comで管理されているドメインの各種設定手続きの操作を制限することができるサービスです。
設定・変更する場合は、ドメイン登録者の承認が必要となり、承認を得ることで操作制限されている手続きを進めることができるため、誤操作や第三者の不正アクセスによる意図しない操作を遮断することができ、さらなるセキュリティ対策強化に期待することができます。

引用:お名前.com より

「ドメインプロテクション」とは、お名前.comで管理されているドメインの各種設定手続きの操作を制限することができるサービスです。

設定・変更する場合は、ドメイン登録者の承認が必要となり、承認を得ることで操作制限されている手続きを進めることができるため、誤操作や第三者の不正アクセスによる意図しない操作を遮断することができ、さらなるセキュリティ対策強化に期待することができます。

後からでも登録できるので、ひとまずなしで進んで大丈夫です。

 

無料SSL

SSL証明書

お名前.com は無料のSSLが使えますので、チェックを入れなくても大丈夫です。

無料のSSLでもしっかり「https://」で始まるURLを構築することができますので安心してください。

Googleにて、ウェブサイトにおけるHTTPSの有無を、検索順位の評価対象にすると発表しましたので、今後のサイト運営にはSSL化は必須となります。
※参考:Googleウェブマスター向け公式ブログ

ここでは、より強固なセキュリティ対策として「GMOグローバルサイン株式会社」のSSLを利用したい場合にチェックを入れます。

1年契約で24,000円と、なかなか高額です。

 

ドメインを利用するためのサーバー選択

ドメインを利用するためのサーバー選択

「ドメインを利用するためにサーバーをご選択ください」は、他でレンタルサーバーを登録している、または登録する予定であれば「利用しない」にチェックします。

サーバー会社で独自にキャンペーンをしていることが多いので、お名前.com 経由で申し込むと損する場合が多いです。

こちらも「利用しない」にチェックで大丈夫です。

 

メールアドレス・パスワードの登録

メールアドレス・パスワードの登録

初めて登録する人は「初めてご利用の方」をチェックし、メールアドレスと任意のパスワード決めて入力します。

 

会員情報の入力

会員情報を入力します。

入力し終えたら、右上の「次へ進む」をクリックします。

 

支払い方法の選択

支払い方法の選択

お支払い方法を選択します。

クレジットカード以外を選択すると、入金確認がとれるまでドメインの登録が完了しませんので注意が必要です。

サンプルではクレジットカード払いで進みます。

入力が終わったら、右上の「申込む」をクリックします。

 

申し込み完了

申し込み完了

「お申込みを受け付けました。」の画面が表示されたら、お申込み完了です。

お名前.com より複数のメールが届きます。

今回は下記4種のメールが届きました。

  • [お名前.com]ドメイン登録料金ご請求/領収明細
  • [お名前.com]ドメイン登録完了通知 xxxx.work
  • [お名前.com]ドメイン自動更新設定完了 xxx.work
  • [お名前.com]Whois情報公開代行完了通知 xxx.work

尚、登録者情報に設定されているメールアドレスが認証手続きを行われていない場合、別途認証をお願いするメールが送信されますので、ご対応いただきますようお願いいたします。

尚、認証メール送信から2週間ご対応いただけなかった場合、同一のメールアドレスを登録者情報に設定されているドメインはすべて利用制限され、ホームページやメールが利用できなくなります。
ご注意ください。

などの記述がありましたので、認証手続きのメールが届いてないか、よく確認してください。

メールが来ていたら、速やかに認証の手続きを行ってください。

以上でお名前.com でのドメイン取得は完了です。

お疲れ様でした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドメインの取得までは10~15分もあればできてしまいます。

途中、複雑なこともありませんので、ドメイン名を決めたなら、さっそく お名前.com でドメイン取得にチャレンジしてみてください。

ドメインは古くから存在しているほど、検索にひっかかりやすくなりますので、一日でも早い登録をおすすめします。

それでは、本日も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ucozi_ikeda/池田浩司

ucozi_ikeda/池田浩司

元コピーライター。現在はヨガインストラクターやベビーマッサージ講師、整体師などを育成する「YMCメディカルトレーナーズスクール」で集客業務に従事する現役サラリーマン。YouTubeチャンネルやオウンドメディアの立ち上げ・運営などを行っています。フリーランスになりたい人、なりたての人、なったけど不安な人。すべてのフリーランサーに「ウェブ集客」についてお伝えしていきます。instagram では趣味で収集している広告コピーを不定期に発信してます。

お仕事----------
ymcschool
yoganess
YMCヨガチャンネル
------------------

-ブログの悩み
-,

© 2021 ucozi.work Powered by AFFINGER5